えっちな読み物ちゃんねる

きっとぬける、そんなえっちなでエロい体験談の告白をまとめたすけべな大人のためのサイトです
えっちな読み物ちゃんねる TOP  >  スポンサー広告 >  体験談  >  小中学時代の体験談 >  中学の時障害者用トイレでタバコを吸ってたら掃除のおばちゃん脅された
おすすめピックアップ記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中学の時障害者用トイレでタバコを吸ってたら掃除のおばちゃん脅された

中学3年でタバコを吸い始めた僕は、駅の障害者用トイレで便座に座りオシッコをしながらタバコを吸っていると、いつもなら閉めている鍵をその時は閉め忘れてしまい、掃除のおばちゃん(40歳くらい)に扉を開けられてしまいました。

オチンチン丸出しだったので、僕は片手でオチンチンを隠し

『すいません!おばちゃん、鍵忘れてオシッコしてました。』

すぐに掃除のおばちゃんは出て行くと思ったら、トイレの中に入ってドアを閉めて鍵を掛け

『あなた、まだ中学生じゃないの!タバコ吸ったらダメでしょ!しかも禁煙のトイレで!火事になったらどうするの!その制服の校章の学校知ってるから学校に連絡するわね!』

『おばさん、すいません。もうしないから、連絡だけはしないでください。』

『言うこと聞くなら許してあげてもいいけど』

僕は許してくれるんだと思い、ありがとうございますって言うと

『じぁ、隠してる、オチンチン見せてごらん!』

僕はその言葉で、おばちゃんの考えている事を理解しました。

隠していた手をどけて、オチンチンを見せました。

『中学生なのにちゃんと毛生えてる(笑)自分でシゴいて大きくしてごらん!』

僕は言われたとおり夢中でオチンチンをシゴきましたが、こんな緊迫感の中ではいくら上下にシコシコしても全く大きくなりませんでした。

『いつものオナニーしてるみたいに早く大きくしないと、学校に連絡するわよ!』

『こんな状況だから、いつもみたいにしても大きくならないですよ!おはさん、ゴメンなさい。』

『そうよね(笑)エッチな想像も無理よね!』

掃除のおばちゃんは、作業着の上着のボタンを外してベージュのブラジャーで包まれてるおっぱいを見せてきました。

ブラジャーで寄せて上げているので、おっぱいの谷間がやけにエッチでした。

『私のFカップのおっぱい見ながらシコシコしなさい(笑)』

僕は頑張ってシゴきましたが、軽くしか大きくならないでいると、

掃除のおばちゃんは僕のオチンチンを握ってきました。

『若い子のオチンチン触りたかった(笑)私がシコシコしてあげる(笑)』

おばちゃんのオチンチンのシゴきかたは、優しくエロくてさすがに勃起して大きくなりました。

『あなたのオチンチン大きくない?若いのに凄い(笑)女性のあそこ触ったことある?』

僕は触ったことありましたが、首を振りました。

掃除のおばちゃんは作業着のズボンを下ろし始めました。

ズボンを下ろすとベージュの矯正ガードルが見え、さらにそのガードルも下ろしてベージュのパンティをさらけ出しました。

パンティ脇からおばちゃんの陰毛が何本もはみ出してました。

『ぼうや、パンティの中に手入れてオマンコ触ってごらん!』

僕はベージュのパンティの上から手入れて、剛毛の陰毛の感触を感じながらおばちゃんのオマンコに触れました。

掃除のおばちゃんのオマンコは、少し湿っていました。

僕は指を動かしオマンコを愛撫すると、

『アッ・・・』と声を出しながらおばちゃんは腰をクネクネしました。

そして掃除のおばちゃんは、握ってたオチンチンを口で喰わえてきました。

無我夢中にいやらしくチュパチュパとフェラしているので、僕は片手でオマンコを愛撫しながら空いてる片方の手でベージュのブラジャーの上からFカップのおっぱいを揉みまくりました。

5分ぐらいその状態でお互いに責めていましたが、僕は掃除のおばちゃんの年期の入った気持ちいいフェラで我慢できず、

『お姉さん・・・もう出ちゃう・・・』

おばちゃんは、喰わえるのを止めるどころか激しく上下に動かしてきました。

僕は掃除のおばちゃんの口の中に精子を出しました。

おばちゃんは僕の射精した精子を吸うように飲み、

『若い子の精子って濃い(笑)やっぱり若いっていいわね(笑)』

僕はもう触るのを止めてるのに、掃除のおばちゃんは小さくなったオチンチンを握って放さないでシゴいていました。

『お姉さん我慢できなくなっちゃった!ぼうやのオチンチン欲しい!』

掃除のおばちゃんは、オチンチンを上下にシゴきながらベージュのパンティを下ろしました。

僕の目の前におばちゃんの、陰毛がフサフサ過ぎの下半身を露わにしました。

『またオチンチン大きくなってきた(笑)若いっていいわね!』

おばちゃんは便座に座った僕に、大きくなったオチンチンをオマンコに挿入しながら乗ってきました。

『5年ぶりのエッチ気持ちいい・・・若いオチンチン最高・・・アッ』

腰をクネクネして、オマンコでオチンチンをマッサージしているみたいでした。

『そんなことされたら、お姉さんのアソコの中に出しちゃいます!』

『ひさしぶりのオチンチンもったいないから、いいよ!妊娠しちゃってもいいから、お姉さんのオマンコの中に出して!』

『もう、ダメです・・』

掃除のおばちゃんのオマンコに、生で射精してしまいました。

『若い精子がドクドク入ってくる。この感触気持ちいい!』

おばちゃんの太ももに僕の精子が垂れていました。

『学校に連絡しないから安心して!あと妊娠も気にしないでいいからね!』

掃除のおばちゃんはベージュのパンティとガードルを履き、作業着を着てトイレから出て行きました。

本当にエッチな掃除のおばちゃんでした。40代のオマンコもいいですね。
関連記事
[ 2015年12月28日 13:16 ] カテゴリ:小中学時代の体験談 | TB(-) | CM(-)
月間人気ページランキング
ブログパーツ
ごあいさつ

当サイトは18禁の読み物を扱っています。今夜のオカズになれそうな記事を厳選しました。Hな体験談が官能小説風になるように不要なレスを極力排除。大人のための抜ける実用的なエロ小説サイトとしてご活用くださいませ。

お勧め動画
最新記事
アクセスランキング


↑PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。